毎日の体重チェックが大事

何とか3キロ減らしたい、そう思い立ってこの信念が揺らがないようにとネットの通販で置き換えダイエット用のプロテインやおかゆ、こんにゃくパスタ、シリアル等を2万円分購入しました。
これだけあればきっと2,3キロぐらい軽く痩せれそうだと思って、ブランチと夕食にフル活用していく事にしました。

ブランチにはプロテインシェイクやシリアルを活用して、夕食にはおかゆやこんにゃくパスタをメインにその他フルーツやヨーグルト、サラダ等のヘルシー食材を少しだけプラスする事にしました。

このダイエット法で1か月後の体重測定が楽しみだと思って、わざと1か月間は体重を測らないようにしました。
そして1カ月が過ぎていよいよ体重測定の日が来ました。

いったい何キロ減ったかなとワクワク気分で体重計に乗ったら、なんと1カ月前より1キロも増えていたのです。

ダイエット製品ばかりに絞って超低カロリーな食生活に徹していたのでなぜ1キロも増えたのか信じられませんでした。
2万円もかけたのに何だかよくわからずにしばらくの間はショックから立ち直れなかったのですが、とりあえず反省点としてダイエット時に限らず体重チェックは毎日欠かさず行う事が大事だという事に気が付きました。

これからは増えてしまった体重の分も含めて毎日体重チェックしながら運動や食事制限をしてまたダイエットのやり直しです。
失敗から学ぶ事も多くあるなと思いました。

ダイエットアイテムをまとめ買い

私はいつもドラッグストアで日用品を購入するついでにダイエットアイテムをまとめ買いしています。
最近のドラッグストアはどこでもダイエットグッズのコーナーを築けているのです。
よく購入するのが、黒烏龍茶とヌードルはるさめ三分の一分の野菜和風おろし、スープはるさめちゃんぽん、大人の雑穀わさび、こんにゃく寒天麺7食セット、マイサイズ欧風カレー等です。

これらはどれもカロリーが30~100キロカロリーと低カロリーで、お湯を注ぐだけや温めるだけの手軽なインスタント食品なので、お腹がすいた時にぱっと手軽に食べれるから重宝しています。
これが市販のインスタント食品だと400~500キロカロリーはあるので、ダイエット中の大敵となってしまうのです。

もちろんドラッグストア価格だから安いので、大量にまとめ買いする事が出来ます。
朝食はチーズやヨーグルトにして、昼食はシリアル、夕食といったボリュームが欲しい食事にはこのダイエット系レトルト食品やインスタント食品をメインディッシュにしてあとはサラダや野菜たっぷりのスープをプラスするだけにしています。
これさえあれば自分でカロリー計算しながら調理する手間も省けるし、胃がもたれる事もないので胃が荒れて口の周りに吹き出物が出来るといった肌トラブルに悩まされる事もなくなって本当に良かったです。

朝食にチーズやヨーグルトを摂取する訳は、食欲を増進するホルモンのグレリンを現象させる働きがあるからです。
自分の食欲を上手にコントロールできるようになると、自然と体重コントロールも出来るようになるし、その他様々な生活習慣も改善できるようになるから一石二鳥なのです。
ダイエット食品も最近いろいろありますがこんな風にバラで購入できる物も多いので、気軽にいろいろな物が試せて楽しいなと思いました。

正しい姿勢をキープするように意識

学生時代のサイズは13号でした。
着たいと思えるような可愛い服があってもサイズが合わなかったり。
サイズに合わせようとすると、なかなか好みの服がなかったりとちょっとつらかった時代です。

なので、自信をつけて歩きたいと思い、ウォーキングスクールに入ったのが36歳の時。
それから3年、常にお腹に力を入れて正しい姿勢をキープする以外は特にエクササイズをせず、7号のパンツがはけるように。

どうしても楽になろうとすると姿勢が悪くなってしまうので、座る時は必ず骨盤を立てています。
最初の頃は、気付くと楽な姿勢になってしまっていたのですが、習慣になってしまえば無意識で姿勢をキープできるようになりました。

また食事は、できる限り夜は野菜をたっぷり食べるようにしています。
仕事が忙しくて食生活が乱れがちだなと思った時はランチにサラダを食べるようにしたりと工夫しています。

そんな生活を続けてきた今では10年前より調子がいいですね。
常に正しい姿勢をキープするように意識し続けたのがダイエットに成功した理由だと思います。

3日間酵素断食

3日間酵素断食を初めて体験した時、すごく感動したのを覚えています。
断食1日目~2日目は、肩こりや体のだるさ、眠さなどがありましたが、
3日目からは体がどんどん軽くなり、勘も冴えていいことだらけでした。

また味覚も鋭くなったのか、食べるものがすべて美味しく感じられました。

ただ、時間が経つにつれ、太ったら酵素断食をしたらいいという甘えが出て、つい間食をしてしまいました・・・

そして、仕事中は食欲もわかず、酵素ドリンクもほとんど飲まずに、
朝、昼を抜いて夜だけ遅い時間にしっかり食べるという生活を続けていきました。

1日1食しか食べていないのに不思議と痩せず、3日酵素断食をしても痩せない体質になり、
相変わらずぽっちゃり体形のままでした。

そんな私にできた大きな目標。

「挙式までに痩せてウェディングドレスを綺麗に着こなしたい」

挙式まで1ヵ月しかなかったので、先生に相談したところ、
普段の生活や食生活を描いたヒアリングシートから、
私が痩せない理由を明確に教えて下さいました。

私が痩せない理由は、簡単に言うと栄養が不足して、
省エネモードで代謝が落ちた体質になっているということでした。
カロリーだけ抑えても、燃焼させる栄養が足りないと痩せにくいどころか、
長い間欠乏した状態が続くと美容にも健康にも好ましくない影響が出てくることを初めて知りました。

それからは、朝は酵素ドリンクを飲むようにし、
昼食と夕食をアドバイス通り、豆腐、豆類、海藻、野菜、白身魚などのタンパク質を摂るように心がけました。
すると信じられないのですが、食べているのにもかかわらず痩せ始めたのです。

体重は1ヵ月で2.5キロ、体脂肪は3%減りました。
見た目も変わりピチピチだったジャケットの二の腕や、背中部分に余裕ができたのです。

また、以前サイズ合わせをしたウェディングドレスは、一番痩せやすい胸のサイズはまったく変わらず、
ウエスト部分に3センチ分もゆとりができたので、サイズ直しをしてもらったほどです。

おかげで食生活も変わり、食べることの楽しさを味わいながら綺麗に痩せることができました。
酵素ドリンク 人気

適度な運動と適度な食事

私には2歳と5歳の子供がいます。
産後は母乳だったので1人目の産後はみるみる痩せましたが、2人目の産後はさほど痩せなかったんです。

しかも、職場のランチ環境が良くて食べ過ぎたこともあり、体重は51kgに。
これはいけないと奮起して、珊瑚のお腹引き締めに効くと言われていた「トレーシーメソッド」、骨盤ケアに加え、朝に5、6kmをゆっくり20分かけて走りました。

その結果、2kg痩せて49kgに。
夕食も野菜中心の食事に変え、21時までには済ませています。

ちなみに、オフィスではデスクワークで座っている時間が長いので、骨盤クッションを愛用し、正しい姿勢を意識しています。
また、「トレーシーメソッド」も週に2、3会は30分エクササイズをしています。

適度な運動と適度な食事、当たり前のことですが、これがやっぱり健康的に痩せる方法だと実感しました。

たまに飲み会などに参加する時は、次の日のカロリーを抑えたりしてバランスを考えています。
このままの体型を維持していきたいですね。

ヨガで健康的に痩せる

中学、高校とバスケ部でしたが、大学ではスポーツをせずに食べる量はそのままで過ごしていたら、体重は57kgまで増加してしまいました。
カラダは重いし、洋服も着られなくなって、食事抜きなど極端なダイエットをして体重を落としましたが、その後すぐにリバウンド・・・。

やっぱり極端なダイエットをしても意味がないなと改めて感じていました。
しかも、そうして極端なことをするともちろん健康にも美容にもよくないので、肌が荒れたりと大変でした。

これはやっぱり、急激に体重を落とすのではなく、時間をかけてゆっくり体重を落としていかないといけないなと思い、週に1度ジムに通いエクササイズをすることに。

その後、そこで知り合った友達に教えてもらってヨガと出合いました。
ヨガで深く呼吸をすることでお腹がしまったのを実感。

食事制限をしなくても体重を落とすことができ、健康的に痩せることができたので良かったです。
ヨガをしていく中で食事にも気を使うようになり、野菜を意識的に摂るようになったのでヨガと出合えて本当に良かったと思っています。

グリーンスムージーダイエット

私は子供のころからぜんそくの持病があり、季節の変わり目はひどい発作を起こして
入退院を繰り返し、発作が起きない時も薬が手放せない日々でした。

ぜんそくは持病だからしかたがないとあきらめていたのですが、
毎年少しずつ増えていく体重を何とかしないと、と思っていました。

そんな時に友人にすすめてもらったのがグリーンスムージー。

「スムージーは酵素がそのまま摂れるから健康的だし、
私も朝に飲むようになってから調子がよくなって痩せれたよ。」

ということだったので、昔かったきりでしまっていたミキサーを取り出し、
朝にグリーンスムージーを飲む生活を始めることに。

最初は毎日作るのがめんどくさいかなと思っていたのですが、
作り始めると意外と面白く、この野菜とこの野菜を入れたらどんな味になるんだろう?
と色々試すうちにすっかりはまっていました。

寒い時は冷え性対策で、しょうがを少し入れてアレンジしたり。
さっぱりしたい時は、ミントを入れてアレンジしたりと。

すっかりスムージー生活になれてきた2ヵ月後、体重を計ってみると3キロ減。
昔から悩んでいたぜんそくも酵素の影響なのか少し改善されたのも嬉しかったです。
これからもスムージー生活は続けていきたいですね。

朝食の置き換えダイエット

私は身長160cmで体重58kgだったので、もう少し痩せたいと思っていました。

ただ、仕事が忙しくなると、肩こり、頭痛、顔の発赤やニキビ、目の下のクマなどが、
ここ1~2年、よくでるようになっていて悩んでもいました。

私がガンコだったのかもしれませんが、「朝食は健康の為にも絶対食べないと」と思っていて、
食べたくないなという日でも無理して食べていました。

ただ、友人が最近、朝食を酵素ドリンクにするプチ断食を始めて、
2ヵ月で5kg痩せて、血色もよくなり、若返ったように見えたので、
私も影響されて朝食を酵素ドリンクに置き換えることにしました。

それからは、朝は酵素ドリンクの炭酸割りを飲み、
昼はカロリー低めのおそば、夕食も野菜中心の食事に変えたところ、
体の調子もよくなり、多少の残業でも疲れを感じなくなりました。
なんとなく体が軽くなったようなそんな感じでした。

そんな日々を繰り返したところ、1ヵ月後に2kg、2ヵ月後に1kg、3ヵ月後に1kg体重が落ち、
合計で4kgのダイエットに成功しました。

朝食を酵素ドリンクに変えたことで、朝の時間もできましたし、
野菜中心の和食に変えたので健康的になれたのが本当に良かったです。

お腹まわりの脂肪もすっきり

10年以上も前から、手や足の先に冷えとしびれを感じ、
7年前からぜんそくの薬も服用していました。
お茶を1日7~8杯飲むのに、排尿は1日に3~4回しかなく、しかもひどい便秘です。

また、2~3ヵ月前より腰痛と両膝痛が表れたので、プールに通い、
ウォーキングを続けていたら、かえって痛みが増し、体重も増えてしまったのでやめました。

そこで、朝は、ニンジンとりんごで作ったジュースをコップ2杯、しょうが紅茶1杯。
昼はとろろかわかめの入った温かいそばに七味とうがらしとねぎをたっぷりかけて食べました。
夕食は、和食中心にしてバランスよく食べていました。

朝だけ断食ダイエットを始めたところ、まず1回の尿の回数が正常になったのと同時に、
手足がジンジンと温かくなる感じがして、膝や腰の痛みも軽減、体重は2ヵ月後に8キロも減りました。

特に午前中にニンジンとりんごで作ったジュースとしょうが紅茶を飲むと、
お通じもよくなり、同時にお腹まわりの脂肪も落ちていったんじゃないかと思っています。

 

便秘もよくなり、6ヵ月で15キロのダイエットに成功

身長155cmで、体重57kg、色白、水太り。

当時悩んでいた症状は、くしゃみ、鼻水、極度の便秘、寝汗がひどい、
うつ状態、生理不順、生理痛、不眠というもので、
血液検査でも脂肪肝の状態だと言われました。

アルコールは一滴も飲まないのに、何かの値が高かったとのこと。

私は腹部が氷のように冷たく、下半身に行くほどに太くなるという、完全に水太り型の体型。

お医者さんにもある数値が高く、完全に水毒の状態になっていると言われました。
また、その時の私の体温が34度しかなかったことに驚いていました。

お医者さん曰く、とにかく、アレルギーや便秘、うつ、生理痛、不眠などはすべて、
漢方でいう冷えと水からくる症状だし、冷えているからこそ中性脂肪も十分に燃焼できずにいると。
その結果、高脂血症状から脂肪肝になっていることを教えて頂きました。

私の場合はとにかく、口が渇くのでよく水を飲んでいたのですが、
代わりにしょうが紅茶を朝、起床時に2杯、昼食前、夕食前、入浴前の4回、計5杯飲むことに。
また、昼はそば、夕食は体を温める色の濃い食品を食べて下さいと教えて頂きました。

すると、まず、翌日から排尿が驚くほど増して、体重も徐々に減少し始めたのです。
2週間後には34.7度、1ヵ月後には35.2度、2ヵ月後に36度と体温が上昇していくとともに、
尿の量が増えただけでなく、頑固だった便秘もよくなりました。

体重は2ヵ月で6kg減、6ヵ月後には15kg減少しました。
しかも、くしゃみや鼻水、不眠、生理痛もよくなり、
顔によくできていた吹き出物も出なくなりました。

うつ状態も改善し、今では元気いっぱいの毎日を送っています。

しょうが紅茶による朝だけ断食ダイエットに加えて、
日頃の食べ物を、牛乳よりチーズ、うどんよりそば、
パンよりご飯、葉菜より根菜、酢の物より塩、
というように体を温める食べ物に変えたのが大きく変われた原因だと思います。