便秘もよくなり、6ヵ月で15キロのダイエットに成功

身長155cmで、体重57kg、色白、水太り。

当時悩んでいた症状は、くしゃみ、鼻水、極度の便秘、寝汗がひどい、
うつ状態、生理不順、生理痛、不眠というもので、
血液検査でも脂肪肝の状態だと言われました。

アルコールは一滴も飲まないのに、何かの値が高かったとのこと。

私は腹部が氷のように冷たく、下半身に行くほどに太くなるという、完全に水太り型の体型。

お医者さんにもある数値が高く、完全に水毒の状態になっていると言われました。
また、その時の私の体温が34度しかなかったことに驚いていました。

お医者さん曰く、とにかく、アレルギーや便秘、うつ、生理痛、不眠などはすべて、
漢方でいう冷えと水からくる症状だし、冷えているからこそ中性脂肪も十分に燃焼できずにいると。
その結果、高脂血症状から脂肪肝になっていることを教えて頂きました。

私の場合はとにかく、口が渇くのでよく水を飲んでいたのですが、
代わりにしょうが紅茶を朝、起床時に2杯、昼食前、夕食前、入浴前の4回、計5杯飲むことに。
また、昼はそば、夕食は体を温める色の濃い食品を食べて下さいと教えて頂きました。

すると、まず、翌日から排尿が驚くほど増して、体重も徐々に減少し始めたのです。
2週間後には34.7度、1ヵ月後には35.2度、2ヵ月後に36度と体温が上昇していくとともに、
尿の量が増えただけでなく、頑固だった便秘もよくなりました。

体重は2ヵ月で6kg減、6ヵ月後には15kg減少しました。
しかも、くしゃみや鼻水、不眠、生理痛もよくなり、
顔によくできていた吹き出物も出なくなりました。

うつ状態も改善し、今では元気いっぱいの毎日を送っています。

しょうが紅茶による朝だけ断食ダイエットに加えて、
日頃の食べ物を、牛乳よりチーズ、うどんよりそば、
パンよりご飯、葉菜より根菜、酢の物より塩、
というように体を温める食べ物に変えたのが大きく変われた原因だと思います。

コメントは受け付けていません。 体験談